闇金さんとのお付き合いは返済も言い訳も決意がいりました

年金暮らしの知り合いが、優しい声にすがった結果、犯罪者になるかもしれないと目覚めたお話しです。

どのような業者を闇金融と呼ぶかの定義はわかりませんが、一般常識としては、貸金業として登録をしていない、高金利、携帯のみの電話番号などがあげられるでしょう。
この人たちは、おそらくあらゆる角度から、お客さんを探しているものと思われます。
しかし、借りる方としても登録業者には当たりつくして困っているわけですから、お互いに引き合うのかもしれません。

特に年金暮らしとあっては頼る先もなく、借りる先もなくでせっぱつまっていたのでしょう。
かかってきた電話に、警戒しながらも心は飛びついたようです。
携帯電話の男性を、本当に優しいいい子だったといいます。
少額のうちはすぐに返したそうで、思ったより怖くなかったと言います。
そのせいか、二回目は自分から電話をしてしまいました。

「今度もすぐに返せるはず」そんな思いとは裏腹に、時間ばかりが過ぎていきます。
とうとう返済日に返せないと、今度は連絡しずらくってほったらかし。
これでは相手も怒るでしょう。
「誠意がない」と怒鳴られると、怖さのあまり「この次にはこの次には、必ず必ず」が始まります。

それでも難しければ「本来なら遅れた利子は一日一万」と言いますし、泣き落としもあります。
ご主人にも借り入れの電話かけをさせ、最後に新しい貯金通帳を作って渡すように話しかけてきました。
そこまで行くとさすがに怖くなり、「自分のせいで貯金通帳が悪事に利用され知らない人を不幸にしてはいけない」と、全額一括返済を決意されました。
このように話すと、とっても高額の借り入れと思うでしょうが、元は10万ほどでした。

少しのお金があっという間に膨らむのは銀行さんに期待したいのですが、いつも逆パターンで、弱い者がある意味経済の犠牲になっていきます。
貸す方も借りる方も生活があり家族があるわけですから、どちらがどうとは言えませんが、困ったときほど解決に向かて一致団結し、孤独にならないことだと思います。
そして返済は、当事者の大きな決意が必要です。
お話しした知り合いも、みごと一括返済を勝利されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です